フランス留学ではいろんな可能性がある

  • 留学先で常に人気のオーストラリア

    • 海外のロングステイ先で常に毎年1位か2位に位置しているオーストラリアは、留学やワーキングホリデーでも人気の国で、多くの日本人が訪れ、または暮らしています。また、オーストラリアにとって日本は世界第2位の輸出国であり、経済的な結び付きも深く、親日家が多いことでもよく知られています。

      オーストラリアは日本の約20倍の国土を擁し、人口が約2400万人ですが、世界約150国の人たちが暮らしているほどで、移民受け入れに寛容な国で、一人あたりの国民所得は世界トップ10の中に入っていて、治安も安定しているのがまた魅力的です。
      夏休みを利用しての短期留学やサマーキャンプでは、時期的にシドニーでは日本の10月や11月に近いぐらいの気温なので、海外生活がはじめての子どもや学生にとって体調も整えたやすいといわれています。

      今すぐ使える留学情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

      また、オーストラリアの留学の特徴として挙げられるのが、ほかの国と違ってボーディングスクールは学生寮だけでなくホームステイを選択できるという点です。



      学校はオーストラリア全域に点在しているので、高校生の中で長期にわたって勉強したいひとには、ボーディングスクールがおすすめです。

      近年オーストラリアでの留学の理由の中に、ワーキングホリデーでいろんな体験ができることが挙げられています。
      特に時給が高いことで旅行をしながら各地で働き貯金ができるといったことも可能であり、益々オーストラリアでの留学に目を離せない状況といえるでしょう。