フランス留学ではいろんな可能性がある

  • 近未来を見据えた選択の中でのスウェーデン留学

    • 留学先の中で英語で授業を受けられる国の中で治安面や将来性を考えると、ヨーロッパではスウェーデンの名前が挙げられます。

      留学ついてはこちらのサイトでご確認ください。

      スウェーデンは、ノーベル賞の設立された国であり、有名な社会福祉国家で近年日本では北欧家具が広く知られるようになりました。
      また、理想を現実化した社会保障制度の充実に加え移民を多く受け入れてきた人道主義の政策が世界中にみても高く評価され、フレンドリーで大らかな国民性は留学生の間でも評判となっています。


      スウェーデンの正規の大学留学では、英語で授業を受けるクラスを選択でき、入学に関してもほかの英語圏と比べてもTOFELスコアのレベルはそれほど高くないのもうれしいです。

      教育レベルに関してもアメリカに次ぐ世界第2位とされる高等学校の授業を受けてきた意識の高い学生と大学では一緒になるので、励みにもなります。

      首都ストックホルムには大学生9万人が暮らし、世界のいろんな国や地域から留学生が集まっていて、キャンパスの敷地にはリーズナブルな料金で利用できるパブもあるので、異文化交流もたくさん楽しめるでしょう。



      日本人率が低いこともあり、スウェーデンでは本格的に勉強をと考えている、または社会福祉のありかたなどについて触れたい方に特におすすめの国です。



      スウェーデンではスペイン語での授業の大学や短期留学プログラムを用意している学校もあり、夏休みなどの時期を利用した際には短い時間なので先生宅にホームステイして、マンツーマンレッスンを受けられるコースが人気です。